永沢総合法律事務所 サイトマップ 事務所地図 リンクについて プライバシーポリシー お問い合せ
事務所紹介 トピックス 業務分野 弁護士紹介 報酬基準 書式 採用情報 リンク
| 2010年〜 | 2004年〜2009年 | 2003年 |
2009年4月 高尾和一郎弁護士執筆(共著)の「倒産判例インデックス」((株)商事法務)が発行されました。
2009年2月1日(日) 松本はるか弁護士(第58期)が当事務所に入所しました。
2008年11月27日・12月4日(木) 大野澄子弁護士が財団法人損害保険事業総合研究所において「損害保険実務に関する最近の判例について」講演をしました。
2008年4月5日(土) 季刊「事業再生と債権管理」春号(社団法人金融財政事情研究会)の臨床会社再生第29回「A社の会社更生事例〜仕入債権者の保護に着目して〜」を執筆しました(担当者:永沢徹弁護士・堀江良太弁護士)。
2008年1月7日(月) 新60期司法修習を終えた前田修志弁護士、加藤佑樹弁護士が当事務所に入所しました。
2007年9月25日(火) 隣のビルに移転しました。
2007年9月18日(火) 第60期司法修習を終えた松田琢磨弁護士、針谷美希弁護士が当事務所に入所しました。
2006年12月10日(日) 月刊専門誌「運転管理」12月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:野田聖子弁護士)。
2006年12月4日(月) 高尾和一郎弁護士(第52期)が当事務所に入所しました。
2006年11月10日(金) 月刊専門誌「運転管理」11月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:魚谷隆英弁護士)。
2006年10月10日(火) 月刊専門誌「運転管理」10月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:堀江良太弁護士)。
2006年9月10日(日) 月刊専門誌「運転管理」9月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:藤井哲弁護士)。
2006年8月10日(木) 月刊専門誌「運転管理」8月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:岸田真穂弁護士)。
2006年7月10日(月) 月刊専門誌「運転管理」7月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:荘田耕司弁護士)。
2006年6月10日(土) 月刊専門誌「運転管理」6月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:大野澄子弁護士)。
2006年5月10日(水) 月刊専門誌「運転管理」5月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:長浜周生弁護士)。
2006年4月10日(月) 月刊専門誌「運転管理」4月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:野田聖子弁護士)。
2006年3月10日(金) 月刊専門誌「運転管理」3月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:魚谷隆英弁護士)。
2006年2月10日(金) 月刊専門誌「運転管理」2月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:堀江良太弁護士)。
2006年1月20日(金) 社団法人日本外国特派員協会において、講演をしました(永沢徹弁護士)。
2006年1月10日(火) 月刊専門誌「運転管理」1月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:藤井哲弁護士)。
2005年12月10日(土) 月刊専門誌「運転管理」12月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:岸田真穂弁護士)。
2005年11月10日(木) 月刊専門誌「運転管理」11月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:荘田耕司弁護士)。
2005年10月13日(木) 第58期司法修習を終えた堀江良太弁護士、藤井哲弁護士が当事務所に入所しました。
2005年10月10日(月) 月刊専門誌「運転管理」10月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:大野澄子弁護士)。
2005年9月10日(土) 月刊専門誌「運転管理」9月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:長浜周生弁護士)。
2005年8月10日(水) 月刊専門誌「運転管理」8月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:野田聖子弁護士)。
2005年7月29日(金) 社団法人金融財政事情研究会より、永沢徹弁護士(共著)「M&A攻防の最前線」が出版されました。
2005年7月19日(金) 足利市の入札適正化委員会委員長に就任しました(永沢徹弁護士)。
2005年7月10日(日) 月刊専門誌「運転管理」7月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:魚谷隆英弁護士)。
2005年7月5日(火) ダイヤモンド経営者クラブで、M&Aについて講演をしました(永沢徹弁護士)。
2005年7月1日(金) 中経出版より、永沢徹弁護士著「永沢徹のやさしいM&A講座」が出版されました。
2005年6月10日(金) 月刊専門誌「運転管理」6月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:岸田真穂弁護士)。
2005年6月5日(日) 光文社より、永沢徹弁護士著「大買収時代」が出版されました。
2005年5月10日(火) 月刊専門誌「運転管理」5月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:荘田耕司弁護士)。
2005年5月1日(金) 月刊誌「Voice」5月号((株)PHP研究所)のM&Aに関する記事を執筆しました(担当者:永沢徹弁護士)。
2005年4月16日(土) 清文社より、永沢徹弁護士監修「SPC匿名組合の法律会計実務」第3版が出版されました。
2005年4月10日(日) 月刊専門誌「運転管理」4月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:大野澄子弁護士)。
2005年4月4日(金) 社団法人日本外国特派員協会において、企業買収に関する講演をしました(永沢徹弁護士)。
2005年3月10日(木) 月刊専門誌「運転管理」3月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:長浜周生弁護士)。
2005年2月22日(火) 『平成16年改正破産法−手続面』について事務所内勉強会を実施しました(担当者:荘田耕司弁護士)。
2005年2月10日(木) 月刊専門誌「運転管理」2月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:野田聖子弁護士)。
2005年1月10日(月) 月刊専門誌「運転管理」1月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:魚谷隆英弁護士)。
2005年1月8日(土) 全国サービサー協会講師として、『事業再生と債権回収の極大化』について講演をしました(永沢徹弁護士)。
2005年1月7日(金) 『特定商取引法(平成16年改正)』について事務所内勉強会を実施しました(担当者:魚谷隆英弁護士)。
2004年12月10日(金) 月刊専門誌「運転管理」12月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:岸田真穂弁護士)。
2004年11月16日(火) 『改正破産法−破産管財人による破産財団所属債権と破産債権との相殺を中心として』について事務所内勉強会を実施しました(担当者:長浜周生弁護士)。
2004年11月10日(水) 月刊専門誌「運転管理」11月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:荘田耕司弁護士)。
2004年10月14日(木) 『消費税と損害保険金』について事務所内勉強会を実施しました(担当者:大野澄子弁護士)。
2004年10月10日(日) 月刊専門誌「運転管理」10月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:大野澄子弁護士)。
2004年9月15日(水) 『退職に伴う営業秘密の漏洩防止』について事務所内勉強会を実施しました(担当者:司法修習生)。
2004年9月10日(金) 月刊専門誌「運転管理」9月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:長浜周生弁護士)。
2004年8月17日(火) 『裁判員制度の概要』について事務所内勉強会を実施しました(担当者:岸田真穂弁護士)。
2004年8月10日(火) 月刊専門誌「運転管理」8月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:魚谷隆英弁護士)。
2004年7月14日(水) 『人事訴訟法の概要』について事務所内勉強会を実施しました(担当者:野田聖子弁護士)。
2004年7月10日(木) 月刊専門誌「運転管理」7月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:野田聖子弁護士)。
2004年6月17日(木) 『下請代金支払遅延等防止法(平成15年改正)』について事務所内勉強会を実施しました(担当者:荘田耕司弁護士)。
2004年6月10日(木) 月刊専門誌「運転管理」6月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:荘田耕司弁護士)。
2004年5月15日(土) 早稲田大学商学部大学院において、『企業破綻と事業再生』について特別講義を行いました。(永沢徹弁護士)
2004年5月14日(金) 『平成15年改正民事訴訟法の概要(計画審理を中心として)』について事務所内勉強会を実施しました(担当者:魚谷隆英弁護士)。
2004年5月10日(月) 月刊専門誌「運転管理」5月号(モビリティ文化出版(株))の『判例研究』を執筆しました(担当者:大野澄子弁護士)。
2004年4月1日(木) 当事務所は、佐藤章弁護士を客員弁護士としてお迎えしました。
2004年3月31日(水) 株式会社ハヤシマリンカンパニーの更生計画案、永雄商事有限会社の再生計画案が、東京地方裁判所から認可決定されました。
2004年3月30日(火) 『不動産担保・執行法の改正』について事務所内勉強会を実施しました(担当者:長浜周生弁護士)。
2004年2月23日(月) 『阪神淡路大震災訴訟・魚崎北町判決 〜 最高裁第三小法廷平成15年12月9日判決 〜』について事務所内勉強会を実施しました(担当者:大野澄子弁護士)。
2004年1月28日(水) 『消費者契約法・金融商品販売法』について事務所内勉強会を実施しました(担当者:野田聖子弁護士)。
ページの先頭へ戻る
トップページへ戻る
Copyright(c)Nagasawa Law Offices. All Right Reserved. http;//www.nagasawa-law.gr.jp